楽天経済圏に必須の 楽天カード をつくる

【楽天経済圏】楽天ポイントの通常ポイントと期間限定ポイントのちがいを解説

こんにちは、いがおです!!

疑問
  • 楽天ポイントの通常ポイントと期間限定ポイントのちがいは?

この記事ではこちらの疑問の答えを解説しています。

まずは手っ取り早く結論から紹介します。

結論

通常ポイントにくらべて期間限定ポイントは…

  • 使用期限がある
  • 楽天カードの請求に使えない
  • 楽天証券のポイント投資に使えない
  • 楽天Edyにチャージできない
  • ANAのマイルに交換できない

といったちがいがあります。

さらに詳しい説明を読みたい方は記事を読んでください。

そもそも楽天ポイントとは

楽天ポイントは楽天が提供するポイントサービスです。

他のポイントサービスに比べて「貯まりやすい、使いやすい」といった理由で楽天ポイントはとても人気のポイントサービスです。

通常ポイントと期間限定ポイントのちがい

楽天ポイントには通常ポイントと期間限定ポイントの2種類があり、利用したサービスやキャンペーンによってどちらのポイントがもらえるか決まります。

この2つのちがいをざっくり言うと期間限定ポイントは通常ポイントの劣化版です。

「通常ポイントでなにができるのか」

から説明しようとするとボリューム的に紹介しきれないので、

「期間限定ポイントは通常ポイントにくらべてなにができないのか」

といった内容で紹介していきます。

デメリット①:使用期限がある

名前の通り期間限定ポイントは使用期限が決められていて、それを過ぎるとポイントを失ってしまいます

使用期限はキャンペーンの内容によって10日後だったり半年後だったりまちまちです。

通常ポイントは決まった使用期限はありません。「最後にポイントを獲得してから1年」という使用期限はあるのですが、1ポイントでも獲得している限り使用期限は延長されていくので実質無期限です。

デメリット②:楽天カードの利用代金の支払いに使えない

楽天カードに「ポイントで支払いサービス」というものがあり、クレジットカードの利用代金を通常ポイントで支払うことができます

手軽にポイント消化できるので人気の使い道です。

ですが期間限定ポイントでは支払うことはできません

楽天カードの作成はこちら

デメリット③:楽天証券のポイント投資に使えない

楽天証券では楽天ポイントを使って投資することができます

楽天ポイントで投資信託へ投資することがSPUの1つの条件にもなっています。

ですが期間限定ポイントでは投資することができません

楽天証券の開設はこちら

デメリット④:楽天Edyへチャージできない

楽天ポイントを利用して楽天Edy(エディー)へチャージすることができます。楽天Edyは楽天の電子マネーサービスです。

交換レートは楽天ポイント:1ポイント → 楽天Edy:1円分です。

ですが期間限定ポイントでは楽天Edyへチャージすることはできません

楽天Edyへのチャージはこちら

デメリット⑤:マイルへ交換できない

楽天ポイントはANAの「マイル」に交換することができます

交換レートは楽天ポイント:2ポイント → マイル:1マイルです。

ですが期間限定ポイントではマイルに交換することはできません

マイルへの交換はこちら

おわりに:期間限定ポイントだとできないことがあるので注意

楽天ポイントの通常ポイントと期間限定ポイントのちがいを紹介してきましたが改めておさらいしましょう。

おさらい

通常ポイントにくらべて期間限定ポイントは…

  • 使用期限がある
  • 楽天カードの請求に使えない
  • 楽天証券のポイント投資に使えない
  • 楽天Edyにチャージできない
  • ANAのマイルに交換できない

楽天ポイントが貯まったからカードに支払いに使おうと思っていたら期間限定ポイントなのでできなかった。しかも使用期限が短かったので焦って必要のないものをポイントで買ってしまった。

なんてこともあるある(経験談)なので通常ポイントと期間限定ポイントのちがいは知っておいた方がお得です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です